2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.30 (Tue)

ちょこっと私ごと

またもやPCの具合の悪い我が家。。。例のごとくリカバリーをかけることになりました(>_<)。
して、やっぱりのデータ消失。
ま、いいんですけどね。(ん? 誰かさんみたいな口調やなー)今回はほとんどの写真のデータはとってあるし。

そのことよりも、何かがおかしくなると次々にいろんな問題が表面化してくることのほうがツライなー。


昨日、とても久しぶりに知人から電話を受けました。
相手のかたはふくまる父が以前職場でお世話になった非常勤の年配の女性。
そして、ふくまるの兄弟を引き取って大事に育ててくださったかたでもあります。

ずいぶんご無沙汰していたのだけど、いろいろとお話をさせていただいたところ11年を迎えた今も元気に暮らしてくれているらしく、ありがたいやらうれしいやら。


・・・・・・・・・・・でも、11年という月日は長く、その間にご本人ではどうにもならない状況がきてしまいました。

ご本人が病気で倒れ、入院する運びになったんです。
あんなに明るくてお元気にされていたというのに。。。
三階建ての大きなおうちで、何不自由なくわが子同然にかわいがってもらったふくまるの兄弟「ハチ」。
とうとう手放す覚悟をされたとのお話でした。

【More・・・】

ご主人は奥様よりも先に心不全(だったかな?)で倒れられて、今は電動の車椅子生活となり、それに伴い今までの戸建のおうちからマンションへと変わられたそう。

「明日から・・・入院なの」という奥様。
「なんでもっと早くに電話くれなかったの」というふくまる父にやはり「ハチ」との別れがつらく、また遠慮もあり言い出しにくかったのでしょうね。


ギリギリまで自分たちでなんとかしようと頑張ったんだと思います。
でも、ハチももう11歳。いろいろと制約があって難しかったんでしょう。
今現在は元気に散歩も行けるし、病気もしてないそうだけど、年齢が年齢だし。。。

おそらくふくまるが生きていたら兄弟だし、なんとかもう一人ハチも・・・とお考えになった上でのことだったんでしょうが、うちにはすでにももこが来てくれて、時間的にも経済的にもこれが精一杯。(というより、ふくまるが来たときは子供がいなかったのだけど、あれから3人も増えたことで、我が家も身動きがとれない状態になってしまいました)

奥様が入院されて、一人残されたご主人も車椅子生活ではお散歩もままならないだろうととりあえず一週間だけでもうちで預かって、その間にこれからのことを考えてみようと提案してみました。

スーパーまでしか車を運転できない私。
ふくまる父も無理して何かあったらいけないからと今週の金曜日に有給をとっていたので、その日にでもひとまず迎えに行く段取りをしました。

なんだか切ない話です。こんなにお互いに「離れたくない」と思っている家族を年月が引き裂こうとしています。
最期まで責任を持ってかわいがっていくという覚悟の元、引き取ってくださったのに。


それでも、これからのことを考えなくてはいけません。
うちが最期まで面倒をみてあげられたら一番いいのだけど、この家族状況からいってそれは無理でしょう。
今もいろんな問題を抱えながら、悪戦苦闘の毎日です。
知り合いをあたってみてはいますが、やはり年齢と犬種(雑種)で柴犬くらいの大きさはあるということもあって、難しいでしょう。
だけど、ふくまるの「おとうさん、おかあさん、何とかならへんかー? どないかしたってやー」という声が聞こえてくるようで、じっとはしてられません。

今回、ここの記事に載せたのは自分のやりきれない思いを少し吐き出したかったのと、もしもリタイヤした盲導犬などのお世話を・・・と考えておられるかたがいらっしゃったら、との思いがあってのことです。

なにせ、かわいい盛りの子犬をもらってもらうのと違って、難しい条件です。
そして何よりまったくの見ず知らずのおうちへやってしまうと、病気で気弱になってる飼い主さんもガクンと気を落とされてしまうのではないかという心配。
できることなら、少しでもつながりのあるおうちに、と思わずにはいられないのです。

画像なしの長い文章を読んでくださったかた、ありがとうございます。
もしもお心当たりがあれば、こちらのコメント欄にご連絡ください。
難しい条件ゆえ、いろんなところで当たってみたいと考えています。
ももこのブログではありますが、少しでも人の目にふれることができればと思い記事にしてみました。

成犬になってからは会ってないので、現在の画像も今のところありません。
なのにこういう記事をUPするのは、見ているかたもピンとこないと思いますが、何もせずにはいられない気持ちを汲んでくださいませ。

長い文字だけの文章を読んでくださった方、ありがとうございました。





スポンサーサイト
07:21  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

辛いですね~

文字だけでも、長くても構いませんよ。
ふくまる君の兄弟のハチ君、ここにきて居場所を変わらないといけないなんて、可哀相です。
困りましたね。
うちも難しいです。
門から中はどんなワンコも入らせようとしない力丸ですから、力丸だけでなくハチ君も心穏やかには暮らせないでしょう。

でも、きっとどこかに新しい飼い主さんがいるはず。
どんな当たり方をしたらいのかさえ、今すぐに思いつきませんが、考えてみますね。

とにかく可愛い画像を用意されるといいのでは?
りきまる母 |  2009.06.30(火) 18:16 | URL |  【編集】

とても切ない状況ですね。
飼い主さんの気持ちを考えるとなんともやりきれませんが、今考えるべきなのはハチ君の幸せでしょうね。
ハチ君の今後の幸せが見えると、きっと飼い主さんも治療に専念できるでしょうし。。。

うちも難しいですが、ハチ君はどんな性格のワンコなんでしょう?
11歳という年齢ですからのんびり老後を過ごせる家庭がいいでしょうねぇ。
りきまる母さん同様、ハチ君の画像をご用意されるのはいかがでしょう?
また、性格についても詳しく教えていただけますか?
たなやん |  2009.06.30(火) 23:39 | URL |  【編集】

りきまる母さんへ

そうなんです。。。私のネットワークも小さく、すでにわんこを飼ってらっしゃるお宅がほとんどなので、どこにもアテがないんですよ。

「うちで子犬生まれたんやけど、いらん?」ってな具合ならわんこを飼ってないお宅にも声をかけられるんですが。。。

大阪市内にお住まいとのことで、市の動物管理の施設で譲渡という形をとるかなど、いろいろ考えてます。
(そこなら、事情を踏まえた上で飼うか飼わないかを判断してもらえますし)
・・・ただ、やはりそういった形で離れてしまうと、さみしいですよね。

金曜日に父が迎えにいくということで大きくなってからの写真はまだ用意できそうにありませんが、後で子犬時代のをひっぱってきたいと思います。

いつも、お気にかけてくださってありがとうございます。
ふくまる母 |  2009.07.01(水) 09:35 | URL |  【編集】

たなやんへ

たなやんもいつもありがとう。
うちで飼ってあげられたら一番いいんだけど、、、人間たちにもいろいろあって、もうももこだけで精一杯。
(だけど、ももこがうちに来てくれたことはとっても感謝してるし、大好きだし、どこへもやるつもりはないんだけどね)
どうしてあげるのが一番いいのかねえ。。。

とりあえず知人には当たってみたんだけど、これまた難しい。

性格的には小さいころから元気で人懐っこくて、(他人に対して)警戒心のかたまりみたいなふくまるとは違ったタイプで、おそらく犬らしい子です。
もらわれていってからも「本当にいい子に来てもらった」「あの子のおかげで家の中が明るくて楽しい」と言ってもらえるような子だったので、やりやすいとは思うんだけどなあ。
ただ、実際に現状をまだ見てないので私にもはっきりと言えない部分があって。。。。
(なので、「ちょこっと私ごと」としてUPしました)

私だけでも先に様子を見にお宅なり病院なり行こうと思ってたんだけど、あとから先方からお電話があって「もうしばらくお父さんがなんとかするって言ってるので、そちらも無理しないで」と連絡があったそう。

ふくまる父が「今はまだなんとかできるって言うんなら、入院でバタバタしてるときに押しかけたら迷惑。行くときは一時に行って用事を済ませんと」というのと、やはり先方もこちらと話してみて、ご夫婦でもう一度よく話し合ってみたいということもあったらしく、またご連絡をくれるという形で待っているそうです。
一応金曜日には迎えに行けるようにこちらはスタンバってるんだけど。

本当にりきまる母さんやたなやんにはいつも気にかけてもらってうれしいです。
もちろん、どのお宅も無理だということは重々わかっているんだけど、もしかしたらお知り合いに・・とか、こういった手もあるよ、とかお知恵を拝借できることもあるかもと思って。

でも、うちもできるだけ頑張りますよー。
預かるのは一時になるかもしれないけど、ももこさんにも協力してもらって、なんとか乗り切ります(^-^)。

ふくまる母 |  2009.07.01(水) 09:56 | URL |  【編集】

う~ん

実玲がもう少し大きかったらなぁ~
4頭の多頭飼いをしていたくらいだから、実家でも考えてもらえそうなのですが。

なにしろ、元々は祖父母の家の隣が父の社宅でそこに住んでいたのに、退職と同時に買うことが出来なくて引越ししたので。Mダックスのみで手いっぱいらしいんですよね。祖父母も元気とはいえ80は超えてますからね。

ちょっと、わん友さんに当たってみます。
先日、7歳くらいかな?飼育放棄されていて、処分される寸前の子を引き取ってくださった方もいましたので。
しかも、この子はなんちゃらかんちゃらってめっちゃ長い名前の大型犬です。
そういう方もいらっしゃるので、諦めないでくださいね。

後、何年かはわかりませんが。ゆっくり余生を過ごさせてあげて欲しいですね。
ん?飼い主さんがどうにかできそうなのですか?

特に病気もないのなら、そんなにお散歩しなくてもいいですしね。
お散歩だけなら代行の業者もありますしね。

お家を離れないことが最善だとは思いますが。

何かありましたら少しくらいならお力になれますので、言ってくださいね。

つっても・・うちじゃ今の現状では引き取ってあげられないと思いますが。


んで・・

ま~いいんですけどねぇ~(本家)
使ったな(笑)
JUNKO |  2009.07.02(木) 11:44 | URL |  【編集】

JUNKOちゃんへ

いやいや、子供二人もかかえたJUNKOちゃんには無理だってよーくわかってるよ、だから無理しないでね。

後で日記に書くけどちょっと進展があってね、金曜日のお迎えもその後のことも「待った」がかかったの。

あれだけかわいがってもらってた子だから、やっぱりおうちが一番いいと思うのね。
少々不自由があっても、知らないおうちよりも住み慣れたおうちで、大好きな家族といるのが何よりの幸せ。
そうこういってられない事情って、どこのおうちにも起こりうることだから、困ってるなら少しでもお役にたてればと記事にしたんだけど、あちらの方もご近所のかたの力を借りて、今しばしやっていこうと頑張ることにされたんだって。

うれしいよね、そこまで大切にしてもらってるなんて。


JUNKOちゃんはもちろん、おじいちゃまたちにお願いするなんて、そんな無理ははなから考えてないよ~。
いつも力になってくれてありがとうね(^-^)。

難しい条件でもわんこさんを迎えた方のお話、すごく力になった。
ありがとう。
ふくまる母 |  2009.07.03(金) 04:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://moco524.blog25.fc2.com/tb.php/37-ed2f5263

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。